新型コロナウイルスワクチンは危険?

〒465-0097 名古屋市名東区平和が丘2丁目123番地 猪高車庫バス停近く

新型コロナウイルスワクチンは危険?

新型コロナウイルスワクチンは危険?

2021/04/13

こんにちは🐻✨

しろくま矯正歯科名東クリニックです🌈

 

コロナウイルスワクチンが徐々に広まってきました🎶

東京では一般高齢者の方も接種が始まったようですが、

名古屋市はまだ医療従事者の1回目の接種も行われておりません💧

名古屋、頑張って!

 

しかし、ワクチン接種に対する怖い噂もありますよね💦

今回接種されているワクチンは、アメリカのファイザー社が製造したmRNAワクチン(商品名「コミナティ」)

というものだそうです。

 

ワクチンとは体に疑似的に感染した状態を引き起こし、

それに対する免疫を引き起こすことで本物に対抗する手段を得ることを目的としています💉

 

今回のワクチンではコロナウイルスのメッセンジャーRNA(mRNA)を使用しています。

このmRNAにはコロナウイルスのスパイクたんぱく質の「設計図」が含まれています。

これを注射すると、人体の細胞の中にmRNAが取り込まれて、スパイクたんぱく質をつくります。

これを認識して液性免疫、細胞性免疫を育てるといったイメージのワクチンですね。

 

(取り込まれたmRNAは分解されます。これは異物として認識されるので、

 ヒトの細胞核に入りDNAが組変わってしまうようなことはまずありません。

 牛を食べても角が生えないのと同じような理屈です🐄)
 

副作用ですが、打った後の痛み、疲労感、頭痛、筋肉痛、38℃程度までの発熱が多いようです。
発現割合としては比較的若い方に多く、接種後1~2日経って出ることも多いようです。
これは免疫を獲得している過程の反応なので仕方ないかと思います。

(院長は、既に日本人はこの免疫を持っている人が多いから、外国と比べて

 感染率・重症化率が極端に低いのではないかと個人的に思っているので、

 ワクチンの効果はどこまで出るか疑問に思っておりますが…)

 

またアメリカの市販後調査では、約10万人に0.5人の割合でアナフィラキシーが起き、

死者はいなかったとのことです。

確率の問題ですが、抗生物質であるペニシリンのアナフィラキシーは10万人中10-50人と

言われているので、比較的このワクチンは安全なようです。

 

日本では令和3年3月24日までに、接種後の死亡例は3件あるようです。

そのうち2件(61歳女性・26歳女性)は専門家により分析されておりますが、

いずれもくも膜下出血を伴う脳出血が死因だったようです。

ワクチンと直接の因果関係はわかっておりませんが、念のため、

血管系の持病がある方はワクチン接種は慎重に考えた方がいいのかもしれません💉💦

 

とはいえ、ワクチンで死亡するリスクよりコロナウイルス感染で死亡する

リスクの方が高いですし、感染してしまっては皆様にご迷惑をおかけすることに

なってしまいます。

当院ではスタッフ全員に希望を聞いたところ、全員希望しましたので接種する予定です🐻‍❄


また、接種した後に接種会場の様子や体調の変化などをご報告したいと思います✨

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。