矯正中のトラブル~猛暑編~

〒465-0097 名古屋市名東区平和が丘2丁目123番地 猪高車庫バス停近く

矯正中のトラブル~猛暑編~

矯正中のトラブル~猛暑編~

2021/08/15

こんにちは✨

しろくま矯正歯科名東クリニックです🐻🌞

 

夏真っ盛りですね🍹🌺🌅
当院では今日も矯正のインビザライン矯正相談やその他治療や検診などのご予約を頂いております😊⭐️🌅

 

さて、今回お話させていただくのは暑い夏に起こりうる矯正治療中のトラブルです😲

暑い夏と矯正治療に何の関係が・・・❓と、思う方がほとんどかと思います。

 

マウスピース矯正中の方や、矯正後の保定期間中の方に稀に起こるトラブルをご紹介します🍀

 

まずは、こちらの写真をご覧ください👇

 

こちらは、暑い夏に車内に放置されてしまったマウスピース(リテーナー)です😢

歯のアーチが狭くなって変形しています😢

 

夏場の車内温度は60度を超えることがあります💦

また、ダッシュボードは70度以上にもなることがあるそうです😲❕

 

マウスピース矯正のアライナーやリテーナーは、熱に弱いです😢

そのため、サウナ状態にもなる車内に放置してしまうと熱により変形してしまうことがあります。👍🏻

 

ちなみに、コチラは車内に放置してしまったインビザラインのマウスピースです。

見た目の変化はありませんが、コチラはもう装着することができません😢

マウスピース矯正用のアライナーは、

リテーナーのマウスピースと比べると熱による大きな変形は少ないですが

マウスピース矯正中の方は装置が変形してしまうと、

0.5mmでも変形してしまうと装着ができなくなったり、

その後の歯の動きが変な動きをしてしまうため、作り直しになってしまうこともあります💦

 

再発注は時間を必要とするため矯正終了までの期間が伸びてしまうことがあります💧

リテーナーを変形させてしてしまうと、

リテーナーが使えない期間にせっかくきれいに並んだ歯並びが後戻りしてしまうことがあります💧

 

なので、特にこの猛暑のような日には、

マウスピースを車内に置いたままにしないように心がけていただきたいです🤗✨

 

もしもこのような場面に遭遇してしまった場合は、

治療計画がずれてしまう恐れがあるので、一度クリニックにご連絡をお願いします😌✨

当院のLINE公式アカウントやメールでのお問い合わせをよろしくお願いいたします😉

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。