【診療項目と価格】←check!!

歯列矯正

歯列矯正メニュー

 

表示価格は全て税込み価格です。

相談.png診断.png再診.png予防.png小児.png成人」.png部分.pngオプション.png

 

※目立たない透明マウスピース矯正(インビザライン)は期間限定価格でご提供中です。(2020年7月現在)

inCP3.png

※マウスピース矯正で用いるマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)は、薬機法対象外の矯正歯科装置であり,医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

スクリーンショット 2019-06-29 17.38.16.png 

※矯正治療における合併症(副作用)について(別途治療が必要になる場合があります)

矯正治療中、発症頻度としてはとしてはかなり低いですが、以下のような症状が発生する場合があります。

歯髄壊死:歯の神経の炎症および壊死が発生することがあります。

アレルギーの発症:矯正装置(金属)や治療器具・材料(ラテックス)が粘膜に触れることでアレルギー症状が発生することがあります。アレルギーの方は事前にお知らせください。

重度の歯根吸収・歯周炎:歯牙の移動に伴う骨改造の過程で多少の歯の根っこが短くなる現象が通常も見られますが、稀に極端に根っこが短くなったり、周辺の組織に炎症が起こったりすることがあります。

顎関節症:自然発症率と統計学的な差はみられないという説もありますが、顎がカクカクしたり開きづらくなったりすることがあります。

このような事態はまことに予想し難く、個々の患者様によって矯正力を加えた場合の生体の反応が異なることをお含みおき下さい。

 

※一般的な矯正治療における注意点

虫歯・歯周病:矯正治療中の口腔内衛生状態の悪化によってこれらの症状が発生することがあります。当医院では固定式装置はできるだけ短期間にするよう心がけておりますが、歯磨きの仕方や食生活によっては虫歯や歯周病が発生してしまう場合があります。歯磨きが適切にできない場合には治療の開始を遅らせる場合や、治療中でも一旦中断して装置を外すことがあります。

歯の痛み:矯正装置の調節を行った後、痛みや不快感を伴う場合があります。これは骨の改造に伴うもので、一時的なもの(常2~3日間、長くて1週間)ですのでご心配はいりません。

装置の故障:装置によっては脱離したり口腔粘膜に擦れてケガをすることがあります。異常を感じた場合は速やかにご連絡ください。

指示を守って頂けなかったことによる治療期間の延長、計画の変更:矯正装置および来院間隔は、必ず指示事項を守って下さい。もしこれを守らなければ、治療結果、治療期間および治療費に大きな影響が出る場合がございます。

ご不明な点がありましたら「お問い合わせ」よりご連絡ください。