● ヒアルロン酸療法について

ヒアルロン酸とは、人体や動物の体内に含まれる多糖類の一種(ムコ多糖体)であり、特に関節内に多く含まれています。

また、皮膚の中にも多く含まれており、皮膚のみずみずしさを保つための重要な潤滑油としての役割を果たしています。

女性は23歳頃にヒアルロン酸が最も多く存在し、その後60代になると23歳頃のわずか20%台まで減少してしまうというデータもあります。

したがって、23歳以降からヒアルロン酸を注入することによって、肌に弾力が生まれ保湿力が上がり若々しくいられるとも考えられます。

スクリーンショット 2019-06-29 17.38.31.png

ヒアルロン酸注入療法は、歯科医院で受けられる美容治療です。
透明なジェル状のヒアルロン酸を口元に注入することで、抜歯や入れ歯の装着等が原因でできた口元のシワや、加齢によるシワを改善しハリのある若々しい口元をつくります。

ヒアルロン酸を皮膚に注入すると、元々体内に存在する自己のヒアルロン酸と融合して皮膚に膨らみをもたせ、シワを薄くします。


分子が大きいヒアルロン酸は、スキンケアで肌に塗るよりも、直接体内に取り込むほうが効果を発揮します。

ヒアルロン酸注入はメスを用いない非手術的な治療で施術時間が約10分と短く、

効果もすぐに実感いただけます。効果持続期間としては製剤や個人差にもよりますが、6ヶ月〜1年間ほどです。適切な期間を空けて施術回数を重ねると、本来のシワやボリューム不足が改善してくるとも言われています。

(お口周りのシワができる原因の一つに歯周病も挙げられます。歯周病は歯を植えている土台の骨が徐々に溶けてしまう病気なので、進行するとお口周りのハリが無くなります。患者様によってはシワ改善の一助として歯周病治療もご検討いただきます。)

 

 ヒアルロン酸療法のメニュー詳細(注入・導入)はこちら